坂道シリーズ ピックアップメンバー
坂道シリーズもうすぐ誕生日メンバー
秋元 真夏8月 20日で25歳
白石 麻衣8月 20日で26歳
向井 葉月8月 23日で19歳
東村 芽依8月 23日で20歳
サイト内検索
欅坂46関連おすすめ
エビ中関連おすすめ
Google
プラモデルおすすめ
最近のコメント
-->
ワタクシのつぶやき
プロフィール
本日の訪問者数:
昨日の訪問者数:
累計訪問者数:
この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 14 分

指原莉乃の魅力(番外編) ~目撃者(2)~

目撃者(1)からの続き(長文)

自己紹介が『たかみな』に進みしばらく話した後、「もう一個はなしていいすか?」と『たかみな』が切り出す。
そして、「幽霊かと思ったんすけど…、みぃちゃ~ん」といって、上手中央の非常口のあたりに手を振る。
「ん?」と思って斜め後ろを振り向くと、そこに『みぃちゃん』がいたのだ。
私と『みぃちゃん』の距離2メートル弱くらいか…。
これまでのAKB48関連イベント参戦でも『みぃちゃん』を見たことはなかったので、とんだサプライズだった。
同じ1期生であり、同じ『ノースリーブス』のメンバーとして、『たかみな』の生誕祭を一緒に祝うべく駆けつけたのだという。
この瞬間、客席からも思わずどよめきが起こった。

MCが終わり、「腕を組んで」の後、いよいよ一番楽しみにしていた「炎上路線」が始まる。

この曲では『さっしー』がステージ上手に来るのを知っていた。
花道まで来て歌うのを知っていた。
しかし、実際に曲が進み『さっしー』が目の前に来ると、なんというか、その迫力とオーラに圧倒された。
花道まで来たときの『さっしー』はまるでギリシャ神話の女神のように大きく見えた。
テレビで見るメンバーと握手会で見るメンバーはその可愛らしさがまるで違うように感じる。
しかし、握手会で見るメンバーと劇場で見るメンバーもまるで違うことがわかった。
一夜明け、こうして振り返りながら記事を書いているわけだが、彼女たちがあれだけの迫力とオーラを発することが出来るようになるまでにどれだけ大変な思いをしたんだろうと考えた。
決して、ステージに立てば誰でもあのように輝けるわけではない。
そこに行くまでの道のりが途方もなく長く厳しいものだったからこそ、ああして彼女たちは輝いているのだ。



次の曲は『たかみな』のソロ曲、「愛しさのアクセル」。
生誕祭実行委員から配られたサイリウムの出番だ。
リズム良く振られるサイリウムの美しさと、怒濤のような「みなみ」コールに完全に圧倒された。
これほどの祝福を受ける『たかみな』というか、生誕祭を祝ってもらうメンバーの気持ちはどんななんだろうか?
生誕祭をしてもらったメンバーは当日の夜、ブログでその心情を書き綴ることがほとんどだが、実際に生誕祭の場にいると、とても言葉で表せるものではないだろうと感じた。

続く「☆の向こう側」は、『こじはる』がメインのユニット曲だが、やはり神7の存在感は大きいと改めて感じた。
今年1月の「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2011」の初日のリポートで、『まゆゆ』や『あっちゃん』が「あまりにも可愛らしくて、その人気の秘密がわかった」と書いたが、目の前で見る『こじはる』もあまりにも美しすぎて、なおかつ可愛らしくて人気の秘密がわかった。

次の曲「サボテンとゴールドラッシュ」は『麻里子様』メインの曲だが、『麻里子様』が休演で『さっしー』が出演している場合、『さっしー』が『麻里子様』ポジ(アンダー)を努める場合がほとんどだ。
この曲の『麻里子様」の衣装を着た『さっしー』は私にとっては神だ。
さっしー』のスレンダーな身体と、キュートな仕草、あふれる笑顔に見事にマッチしたすばらしい衣装だと思う。
なので、今回は『麻里子様』休演ということで、「炎上路線」と同じくらい楽しみにしていた曲だった。
「炎上路線」はその迫力に圧倒された感じだったが、この曲は思わず見とれてしまった。
手拍子が狂ってしまうくらい、というか、手拍子が止まってしまうくらい見とれてしまった。
AKB48全ての楽曲の中で、一番かわいい『さっしー』が見られる曲かもしれない。

この後、MC、「美しき者」、「アイヲクレ」、「摩天楼の距離」と続く。

それにしても、2列目の一番端という比較的目立つ席にいると、メンバーのアイコンタクトがガンガン飛んでくる。
普段人と話をする際は目を見て話すので、目と目が合うことに対してなんの躊躇いも感じないと思って生きてきた私だったが、正直なところメンバーのアイコンタクトを受けると思わず目を逸らしてしまった。
目力がハンパないのだ。
しかも、ほとんどのメンバーが”ジーっ”と見てくるのである。
”ちらっ”ではない、”ジーっ”とである。
私も1秒間弱くらいは見つめ返していられたが、それ以上は無理だった。
もちろん、メンバーは笑顔だし、メンバーによっては首をかしげて、”ニコっ”と笑顔までしてくれる。
それでも、あまりの目力の強さにたじろいでしまうのだ。
ぶっちゃけ、メンバーと目と目が合うなんて、自意識過剰と思われるかも知れないが、2列目という位置にいると、自分を見ているのか、前後左右の人を見ているのかハッキリとわかる。
「あぁ、前列の人を見てる。」、「あぁ、左の人を見てる。」というのがちゃんとわかるのだ。

私がAKB48のファンになり立ての頃、『さっしー』推しになる前、まだDDだった頃、かわいいなと思うメンバーはたくさんいた。
今でも『さっしー』単推しとはいえ、AKB48自体のファンであることに変わりはないから全員の事が好きだ。
なので、『さっしー』以外のメンバーの事をかわいく思わないなんてことははいし、嫌いなメンバーなんて一人もいない。
むしろ、『さっしー』以外にもかわいいと思うメンバーはたくさんいる。
というか、AKB48には本当にいろんなコ達がいる。
さっしー』も言っていたが、「いろんな女のコが集まっているのがAKB48」であり、それぞれが違った魅力を持っている。
コスプレで街を出歩くのが平気なコもいるし、昭和歌謡曲を愛するコもいる。
K-POPにハマって韓国語の勉強をするコもいれば、おバカキャラ全開なのに料理が上手で、他のメンバーに「お嫁さんにしたい」と思われているコもいる。
そんななか、AKB48のファンに成り立ての頃から現在までずっと「かわいい」と思い続けているメンバーがチームAにいる。
今回の公演では本当にたくさんのメンバーにアイコンタクトをもらったが、何度も何度もくれたのが彼女だった。
公演が始まってから終わるまで、MCの時にもたびたびアイコンタクトをくれた。
やっぱりかわいいなぁと思った。

MC。
さっしー』回しのMCである。
やはり、『さっしー』にはMCの才能があると感じたMCだった。
メンバーが何気なく話すツッコミどころを的確に拾い、広げて場を盛り上げる。
客席からは爆笑が何度も起きた。

最後の曲「命の意味」が披露され、「目撃者」公演が幕を閉じる。



場内が暗転し、長い間の後、生誕祭実行委員のかけ声によって、アンコールが「みなみ」コールで行われる。
いつものアンコールよりコールの開始が遅かったためか、比較的すぐにメンバーが再登場した。

「I’m crying.」。
この曲は、ダンス、特に脚の動きが特徴的でとても好きな曲だ。
思わず、目の前で踊るメンバーの脚に見入ってしまった。
バラは2列目では前過ぎたようで、頭の上を通過していった。

「ずっと ずっと」。
この辺まで来ると、終演も近いということもあり場内のボルテージは最高潮に達していた感がある。
加えて、この曲のノリのよさである。
メンバーの振り上げる拳に合わせて、思わずからだが動く。
メンバーも最高の笑みを見せて楽しそうに歌っていた。

「Pioneer」。
私が好きな曲のひとつである。
この曲は、その曲調もさることながら、歌詞がハンパなくいいのだ。
「誰も期待してない 22粒の種だった いつかは一面 花咲く日がくるまで」
「誰もが無理だと まわりで笑った それでも7人だけが 見守ってくれた」
こういう歌詞は、AKB48のファンに成り立てで、その歴史を知らない人からすれば聞き流してしまう部分かも知れないが、歴史を知っている者からすると、実に深い意味を持っているのがわかって、思わず涙がこみ上げてくるのだ。

続いて、震災復興支援ソング、「誰かのために ~What can I do for someone~」が披露され、いよいよ『たかみな』の生誕祭が始まる。

たかみな』の「それでは、最後のあいさつをしましょう!」の言葉を「ちょ~と、待った~っ!」と遮ったのは『さっしー』だった。

「本日はたかみなさんの生誕祭です!たかみなさんおめでとうございます!」と『さっしー』がいったあと、いつものように「涙サプライズ」が流れると、生誕祭自体はオンデマンドで何度も見ているのに思わず涙があふれた。
なんという感動的なシーンなんだろう。

運ばれたケーキに火が灯され、会場が一体となって「Happy Birthday」を歌う。
そして、『たかみな』が火を吹き消す。

そして『こじはる』よりバースデーメッセージが読み上げられる。
私は途中まで誰からのメッセージかわからなかったが、『たかみな』はすぐにわかったという。
メッセージは、『麻里子様』からだった。
5年間苦楽をともにしてきたメンバーからのメッセージはとっても重みのある内容だった。

そして、「私はAKBで終わるつもりはありません。」とハッキリ宣言した『たかみな』。
『ともちん』や『あっちゃん』がソロデビューするのを見て、「悔しくないとは言い切れない」といった『たかみな』。
立派だと思った。
そういう強い志を持った者だからこそ、AKB48のリーダーとしてみんなを引っ張ることが出来るのだと改めて感じた。

今回の「目撃者」公演では過去2回の劇場観覧では感じることの出来なかった貴重な体験をした。
まずはその迫力だ。
過去2回はどちらも自分の後ろはすぐに壁という状態だった。
キャパ250人という小さな劇場で、最後列といっても約10メートルの距離であり、劇場の醍醐味は十分に味わったと思ってはいたが、やはり出来るだけ前で見る方がその迫力が桁違いだということに気がついた。
これは、通常のコンサートでも味わうことの出来ない、AKB48劇場ならではの体験だろう。
次にメンバーとの距離感。
物理的な距離感ではない。
ガンガン飛んでくるアイコンタクトは、そのメンバーとの距離を一気に縮めてくれる。
どんなになんとも思っていないメンバーだったとしても、手を伸ばせば届きそうな距離から見つめてくれる現実。
しかも、その相手はテレビで見る国民的アイドルグループの一人なのだ。
私の場合、普段からかわいいと感じていたメンバーからのアイコンタクトだった。
そのコへの注目度が300%アップした感じだ。

そうそう。
最後に恒例のハイタッチのことを書きたい。
過去2回の公演観覧の際、どちらもハイタッチがあったが、何を言っていいかわからず、他の人も何か言っている様子も感じられなかったため、何もしゃべらずにハイタッチだけして帰ってきた。
が、今回は『さっしー』だけにはどうしても声をかけたかったので、ネットで調べてみると「お疲れ様」という言葉をかけるのが一般的なようだ。
さらに、何か声をかけたいメンバーには声をかけても問題無いらしいということがわかった。
もちろん握手会と違うので、立ち止まったりは出来ないとのことだったが。
で、私はとりあえず3人には特別な声をかけようと決めて望んだ。
五十音順に並んでいるのはAKB48のいつもの通りだ。
「お疲れ様~」といって目を見ながらハイタッチをする。
はーちゃん』は前日の5月10日に21歳の誕生日を迎えたばかりなので、「お誕生日おめでとう。」と声をかけた。
さっしー』には前夜のブログの件もあり、「元気そうで良かった。」と声をかけた。
次の『たかみな』で自分的にハプニングが起きた。
五十音順に並んでいるので、『さっしー』の次は当然『たかみな』なのだが、『さっしー』に声をかけたことで完全に気が抜けて安心しきってしまったのだ。
で、今回の公演で一番特別な言葉をかけてあげなければならない『たかみな』なのに、「おめっ…」っとフリーズしてしまったのである。
「おめでとう!」と言おうとして、「あっ!誕生日が抜けてる」と心の中で考えてしまったため、「おめっ」で止まってしまったのだ。
やばいなぁと思いながらフリーズしていたら、はがされてしまった。
それほど長い時間フリーズしていたわけでは無いと思うのだが、見事にはがされた。
で、残りのメンバーはすごいスピードで「お疲れ様」、「お疲れ様」と通り過ぎるだけになってしまった。
私も『さっしー』と同じくすぐにテンパる性格なので、この様な失敗は多々ある。
にしても、ちょっと残念な終わり方になってしまった。
他のメンバーとも目を見てゆっくりハイタッチがしたかった。

次にチャンスがあったら、もう少し落ち着いて頑張るぜぃ!

コメントをお願いします。

コメントを残す

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング ブログ王 人気ブログランキングへ
ランキング参加中! クリックお願いします。

サイト内検索
乃木坂46関連おすすめ
48Groupピックアップメンバー
    野島 樺乃

    ニックネーム:かのちゃん
    SKE48 チームS
    SKE48 7期生
    2001年 9月 6日生まれ 
    16歳
    愛知県出身 O型
    AKS所属 

    総選挙結果
      第1回:加入前
      第2回:加入前
      第3回:加入前
      第4回:加入前
      第5回:加入前
      第6回:加入前
      第7回:圏外
      第8回:圏外
      第9回:圏外

    オフィシャルページ
    オフィシャルブログ
    Google+
    SHOWROOM
    755
    Twitter
    Instagram
48グループもうすぐ誕生日メンバー
吉田 朱里今日で22歳
佐野 遥今日で23歳
明石 奈津子8月 17日で19歳
太田 彩夏8月 17日で18歳
多田 京加8月 19日で19歳
濱 咲友菜8月 20日で17歳
中野 郁海8月 20日で18歳
神山 莉穂8月 20日で15歳
對馬 優菜子8月 20日で17歳
溝口 亜以子8月 20日で17歳
市岡 愛弓8月 21日で15歳
古川 夏凪8月 21日で15歳
平田 詩奈8月 22日で19歳
高木 由麻奈8月 23日で25歳
中井 りか8月 23日で21歳
渋谷 凪咲8月 25日で22歳
堺 萌香8月 25日で20歳
48グループ関連おすすめ
Google
月別アーカイブ
カレンダー
  • 2014年1月
    « 11月   2月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

携帯電話でも見られます
Google
月別アーカイブ
坂道シリーズ ピックアップメンバー
坂道シリーズもうすぐ誕生日メンバー
秋元 真夏8月 20日で25歳
白石 麻衣8月 20日で26歳
向井 葉月8月 23日で19歳
東村 芽依8月 23日で20歳
欅坂46関連おすすめ
48Groupピックアップメンバー
    渡部 愛加里
    ニックネーム:あーちゃん
    HKT48 研究生
    HKT48 ドラフト3期生
    2004年 10月 18日生まれ 
    13歳
    神奈川県出身 A型
    AKS所属 

    総選挙結果
      第1回:加入前
      第2回:加入前
      第3回:加入前
      第4回:加入前
      第5回:加入前
      第6回:加入前
      第7回:加入前
      第8回:加入前
      第9回:加入前

    オフィシャルページ
    オフィシャルブログ
    Google+
    SHOWROOM
    755
    Twitter
    Instagram
48グループもうすぐ誕生日メンバー
吉田 朱里今日で22歳
佐野 遥今日で23歳
明石 奈津子8月 17日で19歳
太田 彩夏8月 17日で18歳
多田 京加8月 19日で19歳
濱 咲友菜8月 20日で17歳
中野 郁海8月 20日で18歳
神山 莉穂8月 20日で15歳
對馬 優菜子8月 20日で17歳
溝口 亜以子8月 20日で17歳
市岡 愛弓8月 21日で15歳
古川 夏凪8月 21日で15歳
平田 詩奈8月 22日で19歳
高木 由麻奈8月 23日で25歳
中井 りか8月 23日で21歳
渋谷 凪咲8月 25日で22歳
堺 萌香8月 25日で20歳
AKB48関連おすすめ
プラモデルおすすめ
訪問者数
本日の訪問者数:
昨日の訪問者数:
累計訪問者数:

携帯電話でも見られます
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。