坂道シリーズ ピックアップメンバー
坂道シリーズもうすぐ誕生日メンバー
米谷 奈々未2月 24日で18歳
渡邉 美穂2月 24日で18歳
サイト内検索
欅坂46関連おすすめ
エビ中関連おすすめ
Google
プラモデルおすすめ
最近のコメント
-->
ワタクシのつぶやき
プロフィール
本日の訪問者数:
昨日の訪問者数:
累計訪問者数:
この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 10 分

Vine Linux 4.2にMovable Type 4.1をインストール

今回はVine Linux 4.2に Movable Type 4.1 をインストールする手順を紹介します。
なぜ、わざわざこんな記事を投稿するのかというと、実は壁にブチ当たって簡単にはインストールできなかったからなんです。

これからインストールに挑戦する方が同じ壁にブチ当たった際の手助けとなるようこの記事を書くことにしました。

pc

マシン構成は上記の通り。
・Linux マシン 192.168.1.3
・Windows マシン 192.168.1.1

それぞれのマシンはルータを介してLANを構成しています。
(実際には上記の他にデスクトップ1台、ノート1台が存在しますが、今回のインストールには関係ないので省いています)

また、Windows マシンは HOSTS に Linux マシンを登録し、”Vine”という名称で名前解決をしています。

192.168.1.3        Vine
  1. 入手
    シックス・アパートのサイトから入手できます。上部メニューの「ご購入方法」をクリックし、表示されたページの「その他ライセンス」にある「個人ライセンス」のリンクをクリックし、表示されたリンクをクリックするとダウンロードページにジャンプします。
    あとはサイトの説明に従って入手します。
  2. 解凍
    入手した Movable Type は ZIP 形式で圧縮されていますので、解凍ソフトを使って解凍します。
  3. アップロード
    Linux マシンには WEB サーバとして Apache2 が既に構成されている物とします。
    公開ディレクトリはユーザ・ホーム直下の public_html とします。hoge というユーザの場合、
    /home/hoge/public_html/

    直下ということになります。

    ここに任意のディレクトリを作成し、2.で解凍してできたフォルダ内のファイルを全てアップロードします。

    今回のインストールで使用したユーザは “his” で、インストールディレクトリは “mt4_main” としましたので、アップロード先は、

    /home/his/public_html/mt4_main/

    直下となります。

    アップロードが済んだら、アップロードディレクトリ直下の “*.cgi” ファイルのパーミッションを全て 755 に変更します。
  4. インストール
    いよいよインストールとなります。Windows マシンでブラウザを立ち上げ、アドレス欄に
    http://Vine/~his/mt4_main/mt.cgi

    と入力し、 Movable Type のインストールウィザードを立ち上げます。
    ※ “mt.cgi” を起動すると、未インストールの場合、 “mt-wizard.cgi” がキックされてインストールウィザードが起動します。未インストールかインストール済みかの判断は、 “mt-config.cgi” ファイルの有無によって判断されているようです。
    ins-1
    「Movable Type へようこそ」画面が表示されますので、【開始】をクリックします。

       
    ng-1
    すると私の場合、上記のような画面が表示されました。
    「mt-static が見つかりませんでした…」
    これが冒頭で述べた壁です。
    画面には mt-static ディレクトリのあるべき場所が明記され、そこに mt-static が無いのでエラーになったとのメッセージが表示されていますが、実際にはその場所にきちんと mt-static ディレクトリは存在します。
      
     
    ng-2
    このとおり、 mt-static はきちんと存在する

      
    ng-3
    このように表示されることからも、指定された場所に mt-static ディレクトリが存在することがわかります。
    というわけで、ネット上で情報を漁りましたが、結局これといった情報は見つかりらず断念。
    WEB サーバの Apache2 の設定をいじったりしましたがこれも空振り。
    あれやこれやと色々試し、結局2日ほどやってみましたがギブアップ。
    そもそも今回の Linux マシンへのインストールは、レンタルサーバでのブログ公開に先駆けて、自宅サーバでデザインの勉強やテストなどを行うためのリハーサルのつもりでしたので、そのリハーサルを断念し、レンタルサーバを契約し、そちらにインストールを行いました。
    ちなみに、今回契約するレンタルサーバと同じレンタルサーバで既に持っているホームページスペースには既にインストールの実績がありましたので、今回同様のエラーが発生しないことは確認済みでした。
    というわけで、レンタルサーバを契約しインストールまで無事完了。
    で、その晩ベッドの中で…
    「もしかして名前解決か…」
    翌日、帰宅後、 Linux マシンの hosts ファイルをいじってみました。



    192.168.1.3        Vine

    設定する内容は Windows マシンと同じです。

    そして、Windows マシンからブラウザで

    http://Vine/~his/mt4_main/mt.cgi

    ins-2 

    を立ち上げ、「Movable Type へようこそ」画面で【開始】をクリックすると、
    前回のエラー画面は表示されず、
      
    このような「システムチェック」画面が表示されました。
    というわけで、エラーはめでたくクリアとなりました。
    先へ進みましょう!
    【次へ】をクリックします。
    ins-3
    すると、上記のような「データベース設定」画面が表示されますので、データベース名、ユーザ名、パスワードを設定し、【接続テスト】をクリックします。
    ちなみに、今回の例では PostgreSQL を使用していますが、 MySQL や SQLight といったデータベースも使用可能です。
    接続テストがうまくいくと
    ins-4
    このような画面が表示されますので、【次へ】をクリックします。
    ins-5
    次に「メール設定」画面が表示されますので、必要な情報を設定し【次へ】をクリックします。
    きちんとメールが送信されるかテストしたい場合は、「テスト送信する~」欄に自分の普段使っているメールアドレスを入力し、【テストメールを送信】をクリックします。
    (ただし、当然ですが、きちんとメールサーバが稼働していることが条件です)
    ins-6
    すると上記の画面が表示されます。
    「設定内容が以下のファイルに書き込まれました。」
    /home/his/public_html/mt4_main/mt-config.cgi


    これでインストールが正常終了しました。

    このように、インストールが正常終了すると “mt-config.cgi” ファイルが作成されます。

    このあと、【次へ】をクリックするとユーザ作成の画面が表示されますので、ブログの管理者ユーザの作成を行えばめでたし、ブログを作成することができます。

    また、ブラウザで「http://Vine/~his/mt4_main/mt-static/」を表示させても
      
     
今回の「mt-static が見つかりません」エラーの原因は、 Linux マシン側の名前解決ができていなかったことが原因でした。

 Windows マシンでは HOSTS により名前解決が行われていたので、 ブラウザのアドレス欄に Vine という文字がきた場合、 192.168.1.3 というアドレスに変換処理されます。

しかし、 Vine マシンでは Vine という文字を 192.168.1.3 というアドレスに変換できなかったため、今回のエラーが発生していました。

Windows マシンのブラウザで mt-static ディレクトリを直接指定した際に「mt-static-OK」と表示されたのも、 Windows マシンからはきちんと mt-static ディレクトリが見えていたからと言うことになります。

Linux マシンも hosts に名前解決を設定したことにより、 Vine = 192.168.1.3 という変換処理が行われるようになったため、エラーが発生しなくなったというカラクリでした。

というわけで、これから少しずつ Movable Type をいじっていこうと思っていますので、役に立ちそうなことは少しずつ紹介していきたいと思っています。

コメント / トラックバック 2 件

  1. 気ままな人 より:


    小生の場合、Hostsをいじるのではなく、Mt_Staticをhome直下に設置することで解決できましたが・・。邪道でしょうか?

  2. みっくん より:

    気ままな人 さん
    コメントありがとうございます。
    mt_staticをhome直下に設置することが邪道かどうか…
    邪道かどうかは別として、mt-staticはそもそもMovableTypeディレクトリの直下に存在する物なので、home直下に設置するのはいかがな物かというのが私の見解です。
    それよりも、そもそもエラーが発生した原因が違うのではないかというのが正直なところです。
    私の場合、MovableTypeが「http://hogehoge/(中略)/mt-staticが見つかりません。」というメッセージを出力していて、しかし、実際にその場所にmt-staticが存在し、しかも別のマシンからはそのアドレスで存在を確認できる。
    この状況から、Linuxマシンがhogehogeを認識していないということが推測できたのでhostsにアドレスを追加したと言うことです。
    最初からhttp://xxx.xxx.xxx.xxx(hogehogeのIPアドレス)/(中略)/mt-static」としていたなら一発でうまくいったことでしょう。

コメントをお願いします。

コメントを残す

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング ブログ王 人気ブログランキングへ
ランキング参加中! クリックお願いします。

サイト内検索
乃木坂46関連おすすめ
48Groupピックアップメンバー
    横山 由依
    ニックネーム:ゆいはん
    AKB48 チームA
    AKB48 9期生
    1992年 12月 8日生まれ 
    25歳
    京都府出身 O型
    太田プロダクション所属 

    総選挙結果
      第1回:加入前
      第2回:圏外
      第3回:19位
      第4回:15位
      第5回:13位
      第6回:13位
      第7回:10位
      第8回:11位
      第9回:7位

    オフィシャルページ
    オフィシャルブログ
    Google+
    SHOWROOM
    755
    Twitter
    Instagram
48グループもうすぐ誕生日メンバー
岩田 陽菜2月 21日で15歳
横山 結衣2月 22日で17歳
矢倉 楓子2月 24日で21歳
武田 智加2月 25日で15歳
末永 桜花2月 26日で16歳
黒須 遥香2月 28日で17歳
和田 愛菜2月 28日で18歳
大川 莉央3月 1日で17歳
48グループ関連おすすめ
Google
月別アーカイブ
カレンダー
  • 2010年1月
    « 12月   2月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

携帯電話でも見られます
Google
月別アーカイブ
坂道シリーズ ピックアップメンバー
坂道シリーズもうすぐ誕生日メンバー
米谷 奈々未2月 24日で18歳
渡邉 美穂2月 24日で18歳
欅坂46関連おすすめ
48Groupピックアップメンバー
    髙橋 彩香
    ニックネーム:たかさや
    AKB48 チーム8
    2001年 11月 22日生まれ 
    16歳
    長野県出身 O型
    AKS所属 

    総選挙結果
      第1回:加入前
      第2回:加入前
      第3回:加入前
      第4回:加入前
      第5回:加入前
      第6回:加入前
      第7回:加入前
      第8回:加入前
      第9回:圏外

    オフィシャルページ
    オフィシャルブログ
    Google+
    SHOWROOM
    755
    Twitter
    Instagram
48グループもうすぐ誕生日メンバー
岩田 陽菜2月 21日で15歳
横山 結衣2月 22日で17歳
矢倉 楓子2月 24日で21歳
武田 智加2月 25日で15歳
末永 桜花2月 26日で16歳
黒須 遥香2月 28日で17歳
和田 愛菜2月 28日で18歳
大川 莉央3月 1日で17歳
AKB48関連おすすめ
プラモデルおすすめ
訪問者数
本日の訪問者数:
昨日の訪問者数:
累計訪問者数:

携帯電話でも見られます
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。