坂道シリーズ ピックアップメンバー
坂道シリーズもうすぐ誕生日メンバー
相楽 伊織11月 26日で20歳
菅井 友香11月 29日で22歳
伊藤 純奈11月 30日で19歳
柿崎 芽実12月 2日で16歳
サイト内検索
欅坂46関連おすすめ
エビ中関連おすすめ
Google
プラモデルおすすめ
最近のコメント
-->
ワタクシのつぶやき
プロフィール
本日の訪問者数:
昨日の訪問者数:
累計訪問者数:
この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 22 分

「ももいろクリスマス さいたまスーパーアリーナ大会2011」 2011.12.25

昨日はももいろクローバーZのクリスマスライブ、「ももいろクリスマス さいたまスーパーアリーナ大会2011」に行ってきました!

グッズ販売が12時スタートとのことでしたが、1時間30分前の10時30分に着くように出発。

神奈川県に住んでる身としては埼玉は遠い。
とにかく遠い。
(地方から参戦した人すみません)

なので、とてもじゃないけど3時間や4時間前に行く気にはなれず…。

で、10時30分前にさいたま新都心駅に到着し、電車を降りて改札へ歩いていると、見事なくらいにももクリを見に来たであろうファンの姿が見えない。

まぁ、2~3人は見つけましたが、それにしても「こんなにいないもの?」って驚きです。

で、ツレと話した結論は、「もう既に集まってる」…。

というわけで、改札を出て左に折れSSAに向かって歩いていると、跨線橋の上からSSAの左半分が見えるわけですが、恐らく正面から続いているであろう4列縦隊ほどに並んだ長蛇の列がSSAの左側面をまわって最後尾が見えない…。

それを見て正直愕然としました。

「あぁ、こりゃグッズ買えないな」と…。

でも、せっかく来たわけだしとりあえず並ぶことに。

まぁ、寒かった。
幸いにもほとんど風が無かったのがせめてもの救いですが、それでも寒かった。

で、結局グッズを購入できたのは約3時間後の1時20分頃。

当初欲しかった「5人5色のスポーツタオル」は並んでる途中で売り切れのアナウンス。

今回、オフィシャルグッズとももクロChanグッズは別のテントで販売とのことで、購入者列もそれぞれ出来ていたんですが、ももクロChanの方はももドラビジュアルブックに会場限定両面ポスターが付くってことで絶対に欲しかったんですが、3時間もオフィシャルグッズに並んでいた時点で「無理だな」って感じで諦めました。

っつうわけで、購入したグッズはこちら。

ももクリグッズ

公式には『れに』ちゃん推しと公言しているワタクシですが、まぁ、ぶっちゃけほぼ箱推しですな。

っうか、箱推しですよ!

だって、みんなかわいいし、みんないいコだから~っ!

でも、「モノノフ三種の神器」には箱推しVer.無かった。

ちなみに、事前にネットで購入してあった「テカリーマンライト」も『れに』ちゃん仕様です。

一応、Tシャツはクロ着て行ったんすけどね。(^^ゞ

そのほかのグッズは、「星形ペンライト2011」と「ワニシャン用扇子」、「生写真」です。

今回のコンサートのとーっても期待していたことっていうか、やりたかったことのひとつに、ワニシャンで『あーりん』の「跳~ぶ~よっ!」に合わせて跳ぶってのがあったんですけど、それなら絶対に扇子は外せませんってことで…。

で、グッズを購入したら別テントとなっている隣のテントでももクリ開催記念シングルを購入。

そのあと、対面にあるももクロChanグッズ売り場を見ると購入者列がとっても短い…。

それに、無理だと思ってた限定ポスター付きのももドラビジュアルブックもまだ売ってる…。

ってわけで、そちらも無事購入。

このとき、2時ちょっと前。

開場が16時30分ってことだったので、けやき広場の地下のレストラン街(街ってほどデカくないが…)へ…。

まぁ、予想通りの混雑であきらめ、どうしようかと思案。

SSA自体、AKB48の「桜の木になろう」の全国握手会で来て以来2度目なので、周りに何があるのか皆目見当も付かない。

ただ、グッズに並んでいるときに、SSAの左側面の結構上の方まで列が繋がっていたので、その辺から駅の反対側のにショッピングモールみたいな建物が見えたのを思い出し、行ってみることに…。

ありました。ありました。

コクーンというショッピングモール。

とにかく、室内に入って寒さから解放されたいと思っていたので、中に入ったときは本当に天国でした。

で、食事場所も無事確保し、食事をして店内をぶらついて時間つぶし。

SSAには16時15分くらいに戻り、すでに入場待機列が出来ていたのですぐにそこに並びました。

16時25分、一気に列が動き始めました。

「おっ!寒いから開場時間はまだだけど開場したのかな?ももクロ運営なかなかやるじゃん!」

って思いもしたのですが、ただ単に列を4列から8列にしたことによって前に詰まっただけでした。

で、その後16時30分を過ぎても一向に開場せず…。

ワタクシのところからは入場口のドアが見えたので、開いたらすぐわかるのですが、沈黙のまま…。

そのうち、「寒い中お待たせして大変申し訳ありませんが、開場・開演ともに30分遅れます。」とのアナウンス。

この時点では遅れる理由は説明無し。

で、当初の予定より30分後の17時を過ぎても開場とならず時間だけが過ぎてゆく…。

しばらくすると、「ただいま会場内、最終調整に入っております。開場までもう少々お待ちください」とのアナウンス。

まぁ、寒くて寒くてホントにイラつきましたゎ。

ももクロちゃん自体にはSSAのような大きな箱でコンサートをする実力はあっても、運営にはそんな実力がなかったんだなと考えて自分を納得させました。

どんな調整をしていようが、座席の調整なんてあり得ないんだから、客を場内に入れるくらいは出来るだろうと思ったし、そうしないで暖かい室内でのうのうと作業しているスタッフに本当に頭に来ましたね。

で、信じられないことに17時30分きっかりに開場。

この17時30分きっかりというやり方に心底呆れました。

だって、「17時30に開場しよう!」って言ってない限り、きっかりの時間に開場なんて中々あり得ないでしょ。

つまり、17時27分とか28分に開場しようと思えば出来ていたってこと。

12月末の日も落ちた屋外で1時間もじっと待たされてる人間にとって、1分とか2分という僅かな時間でもいいから早く暖かい室内に入りたいと思うのはごく当然のこと。

それをやらなかった運営は本当にSSAのような大きな箱で1万人の客の対応をする力が無いってこと。

事実、17時30分の開場もロービー開場ということで、SSAの中には入れたがホールには入れない状態。

つまり、自分の座席に座って待つことは出来なかったが、それでも暖房の効いた室内で待てるというのは屋外で待つのとはエライ違い。

結果的に「ロビー開場をしてくれたんだからイイじゃない」って思う人も居るだろうが、さっきも書いた理由で結局は判断が遅れた運営ということは否定できない。

ももクリのレポでこんな否定的な意見を書くのは嫌ではあったけど、ももクリ自体の大きなエポックであったことは否めないので敢えて書かせていただいた。

というわけで、ここからはメインのももクリの話。

いつもの「ももいろクローバーZ参上!!」のメロディーが流れてMIXを打つ。

あのパターンが無い、いきなりのスタート。

「あぁ。時間が押したからカットなんだな」って、若干悲しい気持ちになった。

だって、アレでテンションあげて正に「よっしゃ行くゾー!(ももクロー!)」って気合い入れる訳だからね。

だけど、『かなこ』の気合いのかけ声とともにいつものあのメロディーが…。

これにはこみ上げるものがあった。

舞台演出の佐々木さんがここまで考えてたのかわからないけど、これは参った。

諦めていたところにキタもんだから…。

でも、なんかスタートの実況中継や妙な太鼓の演出はナタリー記事を読んだら総合格闘技「PRIDE」のオマージュなんだってね。

まぁ、太鼓が流れているとき、開場には「高田!」なんて声があったからそんな感じはしたんだけど…。

まぁ、ももクロと格闘技を結びつける演出は好きじゃ無いけど、楽しめたからいいや。

あと、メンバーの動きと背後のスクリーンのCGの連動。

あれは中々圧巻だった。

まぁ、センサー付けてリアルタイムで連動しているわけじゃ無くて、CGの動き見ながら何度もメンバーが動き合わせる練習したんだろうけど、なかなか面白かった。

セットリストは、

01. CONTRADICTION

からの

02. BIONIC CHERRY

「BIONIC CHERRY」は初めて生で聴いたわけだけど、すんごくノリノリでハイテンションになれる曲で楽しめた。

で、さらに

03. 労働讃歌

キタ───(´∀`)───!!

って感じ。

労働讃歌は特に振りを一生懸命練習した曲。

もう、テンション上がりまくって、ヤバかった。

04. Believe

この曲好きなんだなぁ。

サビのあのフォーメーション組んで移動しながら歌う部分。

カッコイイよなぁ。

今回は花道の円形部分で歌うってことでフォーメーション組んでの移動は無かったけど…。

あと、『かなこ』、『あーりん』、『しおりん』のパートでは各小節の終わりに、「かなこ」、「あーりん」、「しおりん」って入れるコールが、『れに』ちゃんのパートになったとたん、「れーにちゃん!れーにちゃん!」って。

あれ、ヤバ過ぎる!

じーんと来ていつも涙ぐんじゃうんだよなぁ。

っつうか、今メンバーのリンク貼ってて気がついたんだけど、公式メンバーページがいつのまにかサンタさんバージョンになってる…。

いつのまに?

で、BelieveのあとでMCが入った気がする。
(間違ってたらごめんなさい)

おなじみ自己紹介ではメンバーと客席が一体になって素晴らしかった。

しおりん』と『ももか』のときはどっちも手拍子があるけど、広い会場のせいかなんなのか、手拍子の音が反響して合わせづらかった。
(っと、メンバーは悪くないよ)

れに』ちゃんが、「さっきのリハーサルではあまり広いって感じなかったんだけど、お客さんが入るとものすごく広く感じる」っていってるのを聞きながら、「逆じゃね?」って思ったんだけど、すかさず『あーりん』が「わかる~っ!」って。

そんなものなんだ。

「(空席を隠す)ブルーシートが無くて良かった」

「埋まらないと思ってた」

「このお客さんが全部私たちももクロを見に来てくれてるんだと思うと信じられない」

なんてことを言っていたけど、素直に感動を表す彼女たちを見ていて、こみ上げるものがあった。

05. 天手力男
06. 全力少女
07. きみゆき

と続く。

きみゆきでは天井から雪が降る演出。

以前、ももクロChanでももクリで何をしたいか?というのを話し合うコーナーがあってそこで言っていたひとつ、「クリスマスなんで、会場内に雪を降らしちゃう」というのが実現した。

ここで、大好きで絶対に聞きたいといつも思っているあの曲

08. ピンキージョーンズ

逆境こそがチャンスだぜ…

逆境をチャンスに変えられないアホな男。
(ワタクシのことですよ)

ここで、なんとあのグレートクローバーが登場!

顔には禍々しい化粧を施し(素顔らしい…)登場した5人。

毒霧を吹くかとおもいきや、次の瞬間衣装はそのままにももクロに変身。

「あれっ?化粧は?」

と思ったけど、じつは仮面を付けていたんだそうな。

まぁ、確かにももクロに変身した瞬間何かを投げ捨てていたのが見えたゎ。

で、そのまま

09. キミとセカイ

そして、待ちに待った

10. ワニとシャンプー

ktkr3

極楽門の映像を見てからずーっと憧れていた、『あーりん』の生「跳~ぶ~よっ!」。

それまで、右手にテカリーマンライト、左手には星形ペンライトを持って見ていたが、両方を左手に持ち、右手には扇子をスタンバイ。

そして、「跳~ぶ~よっ!」

ヤバい!ヤバい!マジでヤバい!

マジヤバすぎる!

あーりん』かわいすぎる~っ!

続けて、

11. Z伝説 ~終わりなき革命~

ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ! かなこ!

ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ! しおりーん!

ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ! あーりん!

ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ももかー!

ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!れにちゃーん!

もりあがるね?

もりあがるよね?

まじテンションあがるゎ。

でも、「ブルー」のとこ、「あっ!」って言いそびれた。 orz

そして、同時リリースのこの曲。

12. Dの純情

で、

13. キミノアト
14. words of the mind ~brandnew journey~

15. Chai Maxx

まぁ、疲れちゃったよね。

思いっきり踊っちゃったよね。

だって、「みんなも一緒に~」って言われたから…。

思えば、ももクロとの出会いはこの曲が始まりだった。

AKB48目当てで、NHKMUSIC JAPANを見ていたとき、ももクロがこの曲を披露した。

そして、アイドルらしからぬ全力、そして奇妙なダンスに度肝を抜かれた。

このときから、ももクロに対する興味が急激かつ急速に成長したんだった。

16. サンタさん

ももクリなんだからこれが無くっちゃね。

そう、いつもなにするのか期待しちゃう、「れにちゃんのぉちょっといいとこ見てみたい!」。

今回はなんと人体切断マジック!

切断されたのはなんと『しおりん』!

まじで、どうなってのんか不思議だった。

いままで、生でマジック見たこと無かったけど、初マジックが『れに』ちゃんで、しかも人体切断マジックとは!

いや、マジでびっくりしたゎ。

で、この曲、「オーストラリアは真夏のクリスマスー」のあと、「ってことは~?」でココ☆ナッツが入るんだけど、昨日は…。

曲終わりに、「ってことは~?」で、

17. ココ☆ナッツ

いやーっ!

サンタさんのココ☆ナッツでコッココッコして手が疲れちゃったのに、1曲まるまるコッココッコするなんて~。

もちろんやりましたけどねぇ。 (^^ゞ

仕掛けてくるなぁ、佐々木さん!

18. スターダストセレナーデ

で、ももクリ限定シングルから、

19. 白い風

もちろん初めて聴いたわけですが、とっても雰囲気のいいバラードです。

初披露ってことで、モニターには歌詞が表示されていたんですが、『かなこ』のソロの時、表示されている歌詞と『かなこ』の歌っている歌詞が違う…。

どっちが間違ったの?

かなこ』やっちまった? (笑

でも、かわいかったからいいケドね!

20. ミライボウル
21. ツヨクツヨク

思わず泣いてしまう『れに』ちゃんにもらい泣き…。

最近は歌いながら泣くアーティストってあまり見ないけど、ももクロはよく泣くなぁ。

なんか、それだけ全力でやっているんだなぁと見ていて思うから、こちらにも伝わるものがあるんだと思う。

だって、「泣いちゃいけない」って思っているはずだし、それなのにガマンできないくらい感動しちゃう。
それって、ものすごく感受性が豊ってことだと思うし、それってのは絶対にアーティストにとって必要なものだと思う。

ももクロの良さって、このへんにもあるんだと実感。

22. オレンジノート

23. ももクロのニッポン万歳!

ここで、ももクロChanで言っていた、ももクリでやりたいことの2つめが実現。

「移動するヤツに乗って、客席を移動する」。

上手側からは、『かなこ』、『しおりん』、『ももか』。
下手側からは、『れに』、『あーりん』。

この曲は、メンバーと一緒にご当地の名物を言うのが醍醐味なんだけど、興奮して頭が真っ白になって、なかなか言えなかった。

残念。

真っ白になっても言えるくらいにならないとなぁ。

この曲で、客席に移動してきたメンバーが今回のももクリでの最接近だった。

24. コノウタ

ここでとりあえずの終了。

すぐさまアンコールがかかるが、またしても格闘技演出が入る。

そして、控え室からの中継でメンバーがアンコールに応じるとのレポート。

これはつまらない演出だった。

アンコールは出てくるとわかってても、暗転した場内が明るくなる瞬間がワクワクして面白いのに、事前に出てくることが伝えられても…。

そして、レポーターは「なんか、見たことの無い衣装を着てます。」と…。

Kマネも「新衣装なんて用意してないです。」って言って…。

これを聴いて、UFIを期待したんだけど、実際に出てきたのは本当に新衣装を着た5人だった。

25. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

なんと、100名の合唱団とともに披露!

この曲もももクロらしいノリノリの曲で、ライブやコンサートで人気の曲になること間違いなしだな。

すでに、昨日の初お披露目でバンバン一緒に歌えたし。

で、これも好きで好きでたまらない曲。

26. 行くぜ!怪盗少女

この曲は初めて一緒に踊ったけど、難しかったなぁ。

なかなかついて行けなくて、あたふたしてるウチに、一番の見せ場である『かなこ』のエビぞりジャンプ見逃したゎ。 orz

次までに絶対に踊れるようにしたるゎ!

で、本当のラスト。

27. あの空へ向かって

この曲はメンバーの笑顔が素敵で大好きな曲。

しおりん』の歌い出しで始まるけど、『しおりん』が泣いてないのにこっちが泣きそうになったゎ。

どうやら、ワタクシの中には、「陽だまり~ 大き~な太陽」って聴くと泣けてくるスイッチがあるらしい…。

曲終わりでお別れのMCをする5人。

涙を堪えながらも笑顔を振る舞う5人。

昨年の日本青年館、春の中野サンプラザ、夏のよみうりランド・イースト、そして今回のさいたまスーパーアリーナ

ホールコンとしては3回目。

コンサートとしては4回目。

ワタクシは、初めてももクロのコンサートを見たわけだが(ライブはある)、27曲のパフォーマンスを見て、心の底から楽しかったと言える。

終わったときには心地よい疲労感とさわやかさ、そして明るい明日への希望を感じた。

なんか、とってもクサいセリフを言っているのはわかってるけど、本当にすがすがしい気持ちを感じたし、「あぁ、明日いいことありそう」という希望みたいな明るい気持ちを感じた。

来年の4月21日、22日の横浜アリーナでの2Days。

常に挑戦し続けるももクロ

今回のSSAよりもチケットは入手困難になるだろうけど、4ヶ月でさらに進化したももクロの姿を絶対に見てみたいと思う気持ちでいっぱいだ。

ありがとう!

れに

かなこ

ももか

しおりん

あーりん

とってもとっても素敵なクリスマスになった。

ありがとう!

世界のももクロNo.1

★☆★セットリスト★☆★

01. CONTRADICTION
02. BIONIC CHERRY
03. 労働讃歌
04. Believe
05. 天手力男
06. 全力少女
07. きみゆき
08. ピンキージョーンズ
~グレートクローバーZ参上!!~
09. キミとセカイ
10. ワニとシャンプー
11. Z伝説 ~終わりなき革命~
12. D’の純情
13. キミノアト
14. words of the mind ~brandnew journey~
15. Chai Maxx
16. サンタさん
17. ココ☆ナツ
18. スターダストセレナーデ
19. 白い風 20. ミライボウル
21. ツヨクツヨク
22.オレンジノート
23. ももクロのニッポン万歳!
24. コノウタ

【Encore】
25. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
26. 行くぜっ!怪盗少女
27. あの空へ向かって

コメントをお願いします。

コメントを残す

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング ブログ王 人気ブログランキングへ
ランキング参加中! クリックお願いします。

サイト内検索
乃木坂46関連おすすめ
48Groupピックアップメンバー
    奥本 陽菜
    ニックネーム:
    AKB48 チーム8
    2003年 10月 9日生まれ 
    14歳
    広島県出身 -型
    AKS所属 

    総選挙結果
      第1回:加入前
      第2回:加入前
      第3回:加入前
      第4回:加入前
      第5回:加入前
      第6回:加入前
      第7回:加入前
      第8回:加入前
      第9回:加入前

    オフィシャルページ
    オフィシャルブログ
    Google+
    SHOWROOM
    755
    Twitter
    Instagram
48グループもうすぐ誕生日メンバー
武藤 十夢今日で23歳
伊豆田 莉奈11月 26日で22歳
城 恵理子11月 27日で19歳
宮島 亜弥11月 27日で20歳
甲斐 心愛11月 28日で14歳
阿部 マリア11月 29日で22歳
高柳 明音11月 29日で26歳
高岡 薫11月 29日で17歳
太田 夢莉12月 1日で18歳
白井 琴望12月 1日で15歳
入山 杏奈12月 3日で22歳
井田 玲音名12月 3日で19歳
村川 緋杏12月 3日で18歳
48グループ関連おすすめ
Google
月別アーカイブ
カレンダー
  • 2022年1月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

携帯電話でも見られます
Google
月別アーカイブ
坂道シリーズ ピックアップメンバー
坂道シリーズもうすぐ誕生日メンバー
相楽 伊織11月 26日で20歳
菅井 友香11月 29日で22歳
伊藤 純奈11月 30日で19歳
柿崎 芽実12月 2日で16歳
欅坂46関連おすすめ
48Groupピックアップメンバー
48グループもうすぐ誕生日メンバー
武藤 十夢今日で23歳
伊豆田 莉奈11月 26日で22歳
城 恵理子11月 27日で19歳
宮島 亜弥11月 27日で20歳
甲斐 心愛11月 28日で14歳
阿部 マリア11月 29日で22歳
高柳 明音11月 29日で26歳
高岡 薫11月 29日で17歳
太田 夢莉12月 1日で18歳
白井 琴望12月 1日で15歳
入山 杏奈12月 3日で22歳
井田 玲音名12月 3日で19歳
村川 緋杏12月 3日で18歳
AKB48関連おすすめ
プラモデルおすすめ
訪問者数
本日の訪問者数:
昨日の訪問者数:
累計訪問者数:

携帯電話でも見られます
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。